スタッフの声 (調剤事務:河合)

Ç採用情報スタッフの声河合 (調剤事務)

事務主任:河合

  • 2007年入社
  • 雇用形態:パート → 正社員
  • 勤務地:竹の山店 → 晴丘店
  • 担当:調剤事務、漢方・健康食品通販関係

好きな食べ物:ステーキ、サバの味噌煮、ポテトチップス(堅あげポテトのブラックペッパー笑)

マイブーム :LINE POP2(携帯ゲーム)

オープン1年目からのスタッフとして

初めての医療のお仕事

結婚を期に実家の家業手伝いをやめ、家から近い場所でパートを探していたところ、オープン1年目の竹の山店の求人で、未経験者歓迎の文字に惹かれて面接を受けた結果、森社長にご縁をいただきました。

当初は午後のパート勤務でしたが、ほどなく正社員採用となり、竹の山店で8年、その後2015年に尾張旭市にオープンした晴丘店の事務主任となって今に至ります。

オリーブ薬局の古参メンバーの一人ということになります。居心地いいです (笑)

先見の明があった?

当時の日進竹の山界隈は、本当に「な~んにもないところ」でした。愛・地球博の駐車場が壊された跡地には、何も建っていないだだっ広い造成地があるだけ。子どもが凧揚げしても引っかかる電線が無いくらい。

あれから早15年 … 今や大人気の住宅街、オシャレな店がこぞって出店する街になりました。薬局から徒歩圏内にも、行列のできる人気店がひしめいています。

街が発展するに連れ、オリーブ薬局も徐々に増築、拡大していきました。社長は先見の明があったんじゃないかと思います。

プライベートと仕事とのバランス

竹の山店では、お子さんに接することが多かったのに比べ、晴丘店は循環器内科の門前ということもあり、大人の患者さんが多く、皆さんの健康意識の高さに驚きます。私自身勉強させていただくことも多く、生活習慣を考えさせられ身が引き締まります。

晴丘店は薬剤師1人、事務2人体制。アットホームな職場環境で、お昼休憩にはランチに行ったり、同僚とウォーキングをしたり、気分転換して午後の仕事に臨みます。

薬局の閑散期には、有給休暇を取って大好きなアーティストのLIVEに行ったり、時には海外旅行の計画を立てたり、無理なく、自分にとってちょうどいいバランスでお仕事させていただいてます。

話を聴いてくれる会社

日頃の仕事に関してはもちろん、既存の調剤薬局という枠からはみ出たことでも、アイデアやチャレンジしてみたいことを発信すれば、小さなことにも耳を傾けてくれる会社です。

社長・同僚ともに話がしやすく、社全体として「言いにくい空気」というものが無いのは非常に助かります。

竹の山店から晴丘店へ異動になったことで、自宅から職場が近くなり、何より今までとは違う診療科の門前薬局になったことで新たな薬の勉強もでき、今までの経験を活かしつつチャレンジしていける楽しさを感じています!

働きやすさ+ヤリガイ

新しいことにどんどん挑戦していく精神の社長に引っ張られて、オリーブ薬局は事業の多角化を試みながら成長を続けています。自分自身の仕事も、当初は調剤事務を中心に担当していましたが、事業展開に合わせて所掌範囲が広がっていきました。

そのうちの一部が漢方煎じ薬の通信販売や、健康食品販売などの関係のお仕事で、私自身、自然と身体にいいモノの知識が付いていってる感じです。漢方通販サイト:Net Olive

ひそかに楽しみにしているのが、1ヶ月に1度行うランチミーティング。まずランチメニューをスタッフで選んでわちゃわちゃ笑” でもミーティングでは効率よく仕事をする為の意見や、今後店舗に置きたい商品など真面目に話し合っています。

オリーブ薬局には、働きやすさとヤリガイ、両方があります。医療機関で働いた経験がない方でも大丈夫ですよ!

森社長顔写真
代表:森
一緒に楽しく働きませんか?
エントリーお待ちしてます!